スポンサードリンク

オールデンの定番チャッカブーツ「#1340」

オールデンの中で最も有名なのがこのチャッカブーツ、通称#1340(木型バリーラスト)ではないでしょうか?この1340は、カジュアルからフォーマルまで幅広くカバーしてくれるドレッシーブーツでオールデンを語る上で外せないアイテムです。
(オールデンはプレーントゥの#9901か、この#1340が一番の人気アイテムとなっている)

金融系といったお堅い業界では、少し無理がありますがある程度の自己主張が認められている会社ならこのチャッカブーツでも全然通勤できる代物です。私はこれを履いて会社に行くときも良くありますが何もいわれません。ちなみにIT関係の会社です。

何よりも、会社が終わった後のアフターファイブで「会社帰りとは思わせない」ルックスを持っているところがこのブーツのいいところです。いわゆるお兄系というもので、ただのサラリーマンじゃないオーラを出してくれます。

オールデンを愛している人は、ユナイテッドアローズやSHIP、BEAMSといったセレクトショップで目にしたことも多いと思います。オールデンが好きなら1足は必須のブーツです。


※ちなみにバリーラストはオールデンで一番大きな木型ですので、サイズ選択の際はハーフサイズ小さいのを選択するとベストフィッティングになります。
→つまりいつも7のアメリカ靴をはいているならバリーラストの場合6 1/2を選択するといいでしょう。



オールデン 1340



ちなみに、オールデンに限らずレザーブーツというのは画像のようにつま先から減り始めます。(つま先の次に減りやすい箇所はかかとです)つま先のアウトソール(一番外側の地面に設置するレザーソール部)が完全に磨り減ってしまうと、ソール交換となります。従ってこのつま先のソールをいかに減らさないようにするかが、ソール交換サイクルを長くさせる肝になります。



オールデン 1340



ご存知の方も多いと思いますが、一番いいのは画像のようなスチールを張り合わせてつま先のソールの減りを防止する方法です。これだとかかとが全く減らないのでソール中央のアウトソールが有る限りソール交換の必要がありません。このスチールの補修は専門店で行うことができます。一番有名なのはユニオンワークスという横浜にお店を構える靴修理店です。ブランド靴補修の名門なので、大切にしたいシューズがあるならば是非利用してみてください。通販で補修もやってくれます。

ユニオンワークス
→
人気のファッションブログはこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク