スポンサードリンク

つま先のメンテナンス

レザーソールの革靴を履いているとどうしても、つま先のレザーソールの減りが目立ってきます。つま先の減りは人間が歩行する上で「つま先が一番最後に地面と離れる」ということから避けることができない問題です。もちろん丁寧に歩いて減りを防止することはできますが、やはりつま先が一番減りが早くなります。

つま先の減りが激しくなると、アウトソール(レザーソールの一番外側の革)が磨り減ってしまいインソール(アウトソールの1層内側の革)まで磨り減ってきます。こうなってくるとソール交換しなくてはいけません。ソールの中央にはまだアウトソールが残っているにもかかわらず、つま先だけの減りでソール交換となるのはちょっともったいない気がします。

このようにつま先からレザーソールは減り始めます。


レザーソールの減り


そこで少しでもつま先の減りを防止するために、補修用のラバーを塗ったりする磨り減り防止策があります。
下記のようなペーストタイプのラバー補修剤です。

レザーソールの減り


つま先に少量塗って乾燥させるだけでゴム(ラバー)になり、磨り減ったつま先をある程度補修することができます。これを続けていると中々つま先のインソールが露出することなくソール交換サイクルを大幅に長くすることができます。つまりソール全体の減りが激しくなるまでソール交換の必要が無くなるわけです。

ソール交換はブランド靴の場合10000円程度するのでこういったちょっとしたメンテナンスでソール交換費用を抑えることができます。是非行ってみてください。


※ペーストタイプなので塗りやすいです。

レザーソールの減り
→
人気のファッションブログはこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク