スポンサードリンク

革靴の正しい磨き方

まず靴紐などを外して革靴を磨ける状態にします。

オールデン

そして、靴磨き用ブラシを使用して全体の大きなホコリやゴミを綺麗にします。コバなどの入り組んだ部分はコバブラシなどを使用して綺麗にします。コバブラシがなければそのまま通常のブラシを使用してもかまいません。

オールデンのブラシ オールデン オールデン オールデン オールデン

注意点として、ブラッシングは優しく行うということと使用するブラシは靴磨き用のやわらかいブラシ(豚毛)を使用するということです。靴磨き用ではない硬いブラシを使用すると磨く以前に傷が付いてしまいます。気をつけましょう。

そして、次に少し湿ったクロスでブラッシングでは取り除けなかった汚れを水分によって綺麗にします。これを行わないと靴クリームを効果的に塗ることができません。湿った布の水分が革に少しだけ潤いを与えるので靴クリームを塗ったときに浸透しやすくなります。

オールデン オールデン オールデン

次に全体を綺麗にできたら靴クリームを塗る作業に入ります。靴クリームは油性か乳化性のタイプがあります。主に「艶出し→油性」「保護・保湿→乳化性」として区別できますが、革の素材によっても「コードバン→油性」「カーフ→乳化性」など分別して使用する必要があります。

オールデンの靴クリーム オールデン オールデン

また、油性は油分が強く艶出しには最適なのですが保湿成分が少なく、たまには乳化性を使用してあげないと革にひびが入ったりなどしてダメージを及ぼします。状況によって使い分けましょう。

塗り方としてはトゥの部分から1方向に塗り拡げてゆきます。行ったりきたりといった塗り方をすると革の繊維質が立ってしまうのでできれば、つま先から甲の部分へ1方向に塗ってゆきましょう。

全体に靴クリームを塗り終えたら次は拭き取りです。拭き取りはあまり靴クリームを乾燥させない間に行います。乾燥してしまうと靴クリームが硬化してしまい拭き取りが困難になる為です。拭き取りも靴クリーム同様に1方向へ拭き取ってゆきます。注意点としてはとしてやさしく拭き取るということです。

オールデン オールデン オールデン

以上で靴磨きは完了です。油性の場合は綺麗なクロスで磨けば磨くほど艶に深みが増してくると思います。塗りすぎに注意して綺麗にしてゆきましょう。

靴磨き用クロス
→
人気のファッションブログはこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク